育毛剤の魅力

発毛成分を含む育毛剤の魅力

育毛剤には様々な効果がある成分が配合されていますが、最近になって新たな成分を配合するものが登場してきました。育毛ではなく発毛を促進することが知られている成分が利用できるようになったのでその意義を知っておきましょう。

育毛剤の基本的な成分の効果とは

育毛剤にはもともと発毛成分は含まれていませんでした。現在も市場に出回っているもののほとんどには医学的根拠のある発毛成分は含まれていません。育毛剤に含まれている基本的な成分は髪の乾燥を防ぐことでダメージを受けにくくしたり、頭皮の乾燥を防いだり、頭皮で起こりやすい感染を予防したりするものが代表的です。また、髪を育てるのに必要なビタミンなどの栄養素を含んでいることも多いでしょう。髪や頭皮を守ることによって育ちやすくするという考え方や、不足している栄養素を補給するという考え方で成分が検討されています。特に頭皮環境を整えると髪が伸びやすくなると知られてからは頭皮の状態を改善することが一般的になっているのが現状です。

発毛成分があると何が違うか

発毛においても頭皮環境を改善するのは重要だと言われていますが、育毛剤には発毛作用をもたらすという根拠はありませんでした。しかし、医薬品として用いられてきた成分の一つがある程度の濃度までなら育毛剤として薬局で手に入れられるものに配合できるようになっています。この違いは結論から言ってしまえば、髪が生えてこなくなった人に使用して生えてくる可能性が医学的に示されているかどうかです。ともすると育毛剤の中に含まれている多様な成分の中には臨床試験を行ってみれば発毛効果があるものがあるかもしれません。しかし、統計的な有意差をもって有効性が示されている成分は数が限られています。その成分が含まれていることではげてしまった頭にも髪の毛が生える可能性が高いと期待できるのです。

代表的な発毛成分の効果

育毛剤への配合が許可された代表的な発毛成分の効果はよく研究されています。平たく言ってしまえば血管を拡張させる作用を持っているのが特徴であり、それによって血の流れを良くして栄養素を運び込み、不要物を運び出せるようにするというだけなのです。しかし、細い毛細血管が張り巡らされている頭皮ではちょっとしたことで栄養不足が起こってしまいがちです。積極的に栄養が供給されるようになることで発毛が促進されやすくなります。しかし、考え方によっては育毛に必要な栄養も十分に補給されるとわかるでしょう。そのため、髪の毛が生えなくなったわけではない人でも育毛剤として使用することでよく髪が伸びるようになる可能性を秘めているのです。