育毛剤を選ぶ時に

育毛剤は天然成分と合成成分のどちらが良いか

天然成分を使用しているケア用品が人気になっていますが、育毛剤についても天然成分のみを使用というものが増えてきました。合成成分に比べて優れていると考えられていますが、本当にそうなのかはよく吟味した方が良いでしょう。

天然成分と合成成分の違い

育毛剤に含まれている育毛効果があるとされている成分には天然成分と合成成分があります。この違いは天然に存在する動植物や細菌などから抽出してきた成分を使用しているか、人の手によって化学的に合成されたかです。中には天然成分に対して人が化学的に手を加えることでできている成分もあります。明確な定義があるわけではないため、このようなケースではどちらに分類するかは難しいでしょう。ただし、気をつけておきたいのはこれが成分としての優劣を決める要素ではないということです。含まれている成分には天然成分と合成成分では大きな違いがあります。その特徴をよく理解してみると魅力もリスクもあることがはっきりとするかもしれません。

天然成分と合成成分の特徴

天然成分は自然界で作られたものですが、底から必要な成分を抽出して精製することにより育毛剤に配合されています。様々な成分の混合物であることが多く、それらが総合的に働いて育毛効果を発揮すると期待されているのが特徴です。しかし、裏を返せばあまりに多成分なので何が含まれているかわからないというリスクがあります。一方、合成成分の場合には人の手によって単一成分として合成が行われて精製された上で配合されているのが通常です。単一成分なので効果についての試験もしやすく、明確な効果を表記できる場合もあるでしょう。しかし、製造過程で使用した重金属や有機溶剤、副産物などが検出できないレベルで混入しているというリスクがあることは否めません。

一長一短だからこそこだわらないのが大切

自分は合成成分の方が安心だ、天然成分でないと心配だといった考え方を持つ人は大勢います。しかし、育毛剤として使用するときには安全性については試験が行われているので体質的な問題がなければ基本的には大きな支障は生じません。そのため、リスク部分についてはそれほど考慮する必要がない場合が多いのです。効果があるかどうかについては個人差が大きく、多成分の天然成分を使用するか、単一成分の合成成分を重視するかは一長一短になります。どんな有効成分にも過ぎたるは及ばざるが如しというリスクがつきものであり、多成分では副作用が起こったときに招待がわかりにくくなるでしょう。逆に単一成分の場合には自分に合わないと効果が得られない可能性もあります。優劣をつけずにどちらも試してみるのが最も賢明な判断となるでしょう。

2014年に今までの蘭夢の効果を大きく超える「蘭夢黄金率」を発売しました。 「蘭夢」がお得に購入するなら定期便がおすすめです! 髪の毛についてのご相談は、専門のスタッフが対応いたします。 蘭夢は薄毛以外に、フケやかゆみの改善にも効果が期待できます! 蘭夢は頭皮にしっかりつけ、マッサージするのがおすすめ! 蘭夢は使いやすいプッシュタイプと、気になる部分にピンポイントで使える尖りタイプをご用意。 育毛剤で髪への不安も無くしましょう